事業紹介ー石油・天然ガス開発の流れー

石油・天然ガス開発の流れ

鉱区の取得

対象地域の事前評価を行い、石油・ガスの貯留が見込まれる有望な鉱区に対して、採掘、試掘の権益を取得します。

探鉱

探鉱

探鉱では、鉱区内のどこに石油・ガスが貯留しているのかを調査します。
以下の様々な調査方法を用いて解釈した結果、試掘を行う場所を決定します。

地質・地化学調査

地質調査では、地表で確認できる地質構造、岩石の物理的な性質、含有物質などにより地下の地層の情報を推定します。地化学調査では、対象鉱区の周辺で得られたデータや地表で取得できる地化学データを基に、石油・ガスの集積の可能性を検討します。

重力・磁力探査

各地点における重力や磁場の値を測定することにより目に見えない地下構造を推定します。

地震探査

人工的に地震波を発生させて、その反射結果を解析して地下にある有望構造を抽出します。
現在の地震探査では三次元地震探査を用いることが主流です。地震波を三次元に解釈することで、二次元地震探査に比べ、より詳細に地下の地層の構造や断層の形状を調べることができます。さらに最近の技術では三次元地震探査から得られたデータを基に地層中の流体(石油・ガス・水)の推定や逆解析を行い地層そのものの物性を推定する手法が用いられています。

試掘

試掘では石油・ガスが貯留していると見込まれる構造を掘削し、地表に運ばれる掘り屑(カッティングス)や
掘削した坑内に降ろした検層機器より得られる情報を解析することで、掘った構造に石油・ガスが含まれているか調査します。
石油・ガスが含まれていることを確認できた場合には生産テストを行うことがあります。

開発

評価及び経済性検討

試掘で取得したデータを基に、油層・ガス層の産出能力と地下資源の内で地表に技術的・経済的に回収できる量(可採埋蔵量)を総合的に判断し、その発見構造が商業的に見合うかどうかを決定します。
試掘だけでその経済性が判断できない場合にはさらなる井戸(評価井)を掘削することで、
開発対象となる油層・ガス層の詳細な技術評価を行い、経済性の高い開発計画を検討します。

開発

策定された開発計画に基づき、地下に埋蔵されている石油・ガスを採取する生産井を掘削します。
さらに石油・ガスの回収量を増やすためにガス圧入井や水圧入井を掘削することもあります。
また、生産された石油・ガスの生産処理施設・液化施設・貯蔵タンク・積出し施設などを建設します。

生産

生産

生産井から生産した流体は、生産処理施設にて、油・ガス・水の分離、不純物の除去などが行われます。
処理後の石油、ガス、コンデンセートなどはパイプライン、タンカーなどを用いて輸送・販売されます。
生産が進むにつれ地層圧力は低下し生産量が減退するため、水やガスを圧入することで地層圧力を回復させ生産量の回復を図ります。
時間経過とともに、井戸や施設の老朽化が進み、生産トラブルや機器の故障などが発生することがあり、
必要に応じて井戸や施設の補修作業を行います。

液化

生産処理施設で処理されたガスを液化施設の熱交換器で約-162℃まで冷却・液化し、体積を約600分の1まで減らしたLNG(Liquefied Natural Gas)を製造します。製造されたLNGは、専用のLNGタンカーに船積みし出荷・輸送されます。
LNG受け入れ基地まで輸送されたLNGは、一旦LNGタンクにて貯蔵された後、
需要に合わせて再ガス化設備でガスに戻され、発電燃料や都市ガスなど様々な用途で使用されます。

廃坑処理

鉱区の開発契約期限を終了した場合や、商業的に生産できないと判断された場合には、廃坑処理を実施します。
廃坑の方法は、各国で基準が定められていますが、
一般に坑井内で上下の地層流体が流通しないように井戸の中をセメントで詰めるなどの作業が行われます。