HSEへの取り組みーHSE方針ー

HSE

石油・ガス探鉱開発事業に関わる当社にとって、HSE(健康・安全・環境)への配慮は最重要課題です。社会の持続可能な発展に貢献するためにはHSEにかかわるリスクを適切に管理することが必須です。
HSEについて、第三者への提示が可能で、かつ世界標準に見合った方針を明確に表明し、実行することは、社会およびステークホルダーに対する責務と考え、以下の通り“HSE Policy”を公開し、当社の活動のあらゆる側面において積極的な取り組みを推進しています。
当社は「HSE室」を社長直轄の組織としてHSE活動の全社的推進を促し、事故と環境汚染の防止、環境影響の低減、及び労働安全衛生リスクの低減を目指し、HSEマネジメントシステム(HSEMS)の継続的な見直しと改善に努めています。

健康・安全・環境(HSE)方針 (和訳)

三菱商事石油開発株式会社は、操業・事業活動で持続可能な取り組みを行い、また他の事業価値と同様に HSE を重視する事を誓約する。その為に少なくとも以下の事項を追及する。

  • 人及び社会に悪影響を及ぼさないことを目標に掲げる。
  • あらゆる事故の防止を図る。
  • 環境を保全し、資源を有効に活用する。
  • 全ての要員が、上記誓約を自らのものとし、自らの振る舞いや行動に際し HSE を意識して取り組む文化を育む。

三菱商事石油開発株式会社は、以下の事項に重点を置き、HSE マネジメントシステムを確立し、実施し、維持し、そして改善する。

  • HSE リスク管理に対して体系的に取り組む。
  • HSE リスクの特定、評価、コントロールに関し、体系的手法を適用する。
  • ラインマネジメントに HSE の明確な責任を与える。
  • 全ての要員に必要な力量を確保し、HSE の責務を与える。
  • 継続的改善のために、意義ある目標を立てる。
  • HSE パフォーマンスの効果的な監視及び報告体制を確立する。
  • HSE に対する前向きな取り組み姿勢を評価し報いる。
  • 法的要求事項及び業界標準を遵守する。
  • 妥協することなく自らの HSE 規範をもって JV パートナーと事業活動を行う。
  • コントラクターに対しても本 HSE 方針の遵守を求める。