村上 響子 入社6年目に技術職から三菱商事へ出向、この経験を会社の価値向上に役立てる

技術職を経験後、現在は世界各地で進行しているプロジェクトの統括業務に従事

入社以降、主にアフリカ欧州地域における上流事業の在来型原油プロジェクトに携わり、技術職Reservoir engineerとして生産操業のモニタリング、油層シミュレーションを用いた生産量予測や開発計画の策定といった技術評価を担ってきました。その後、入社6年目に三菱商事へ出向する機会を頂き、現在はエネルギー戦略室の上流事業コマーシャル担当として世界各地で進行している石油・ガスプロジェクトの統括業務に従事しています。

今まで携わる機会がなかったガスプロジェクト、LNG化等の中流事業や非在来型案件等、既存事業に加えて新規案件まで様々な情報がこの部門に集約されています。コマーシャル担当としての業務を円滑に進めるべく、出向後は財務会計等の基礎知識を日常業務と並行して日々習得しています。新しい分野に挑戦することは好きなので、日々充実した気持ちで業務に励んでおります。

プロジェクト全体をマネジメントできるような立場へと成長を

学生時代には石油工学を専攻。海外の石油開発会社で働いた経験をもつ教授の研究室で学び、教授や石油開発業界のOB・OGの方々から経験談を伺う中で“グローバルに活躍したい”という思いが募っていきました。三菱商事石油開発では、商社の職員と同じチームで仕事ができる点に魅力を感じ、入社しました。なぜなら、石油業界に限らず様々な業界で経験を重ねてきた商社マンと仕事をすることで視野を狭めずに私も視野が広がるような気がしたからです。

出向中は、コマーシャル担当ならではの知識や経験を出来る限り多く習得し、技術的視点に加えて会社経営の視点まで視野に入れながらプロジェクト全体をマネジメントできるような存在になっていきたいと思っています。そういった思いを周囲のメンバーと共有しながら、三菱商事グループの中における三菱商事石油開発という会社の価値を高めていきたいですね。

1DAY SCHDULE
09:15出社後、メールチェック。
10:00現在進行中のプロジェクトに関わる社内報告資料を作成。(適宜、先輩や上司に相談しながら進める)
12:00ランチタイム開始。
13:00現在進行中のプロジェクトに係る契約書締結に向け、必要情報の収集や必要書類の準備を進める。(国内外ともに、社外の方と連絡を取りながら進める)。
18:00業務を終え、帰宅。